©2017 さくらいはじめ
<< The Girl from West | main | 暮しのおしゃれ >>
ジャズ・グラフィックスの世界
ヒッチコックの『知りすぎていた男』(56年)を観たんですが、
今回は最後までヒッチコックの登場シーンがわかりませんでした。
緊張感みなぎるサスペンス傑作を
ネタバレ状態で再度観直しですかね、これ?


以前にも触れてましたが、ジャズのレコードをジャケ買いする、
という粋な大人の道楽に勤しんでいるのですが、
この道楽を通して一冊の作品集の存在を知ってしまい、
以来、ずっと探し求めていたところやっと手に入れました。そう、
『JAZZ GRAPHICS デヴィッド・ストーン・マーチンの世界』ですよ。



ジャズ・グラフィック界の巨匠、
デヴィッド・ストーン・マーチンの集大成とも言うべきこの作品集は、
1990年に多摩美術大学付属美術館で開催された
『デヴィッド・ストーン・マーチン展』の翌年に発行され、
以来、ファンにとってはバイブル的な一冊で、
今なお、中古本やオークションなどで高値で取引されてます。
幸い僕は良心的な値段で購入した方だとは思いますが、
以前見つけたディスクユニオン渋谷店での価格は¥20,000也。
これでも一時より価格は落ち着いてるとか・・・

僕がデヴィッド・ストーン・マーチンを知ったのは、
スタン・ゲッツのアルバム『WEST COAST JAZZ』。
『Suburbia Suite Evergreen Review』に掲載された
何とも洒脱でダイナミックかつ無駄のないLPジャケットに一目惚れして、
ジャケット下部に書かれたサインを手がかりに画像検索。



ブラウザウィンドウに並んだジャズ・グラフィック界の巨匠による
アートワークの数々に一撃でヤラレてしまったのは言うまでもありません。
僕のようにヤラれたい人は「david stone martin」で今すぐ画像検索だ!


ジャズに関しては、正直さほど深くない僕ですが、
デヴィッド・ストーン・マーチンにここまでドはまりしてるのには、
やはりそれなりの理由がございます。
1940年代、彼がアメリカ軍情報局で仕事をしていた時に
奇しくもベン・シャーンに出会っているのですよ。
僕が雨天決行で名古屋まで観に行ったあのベン・シャーンですよ。
長年の間、共に仕事をする関係だった二人の偉大なるアーティスト。
15歳年上だったベン・シャーンがこの若いグラフィック・アーティストに
強烈な印象を与えて以来、デヴィッド・ストーン・マーチンにとって
ベン・シャーンは生涯に渡たって友人であり師というわけです。

ベン・シャーンの強い影響を独自の表現にまで昇華させ、後に
DSMラインと呼ばれるようになるデヴィッド・ストーン・マーチンの素描。
実に生き生きとしたその描写やグラフィカルなカリカチュアによって、
数々の"ジャズのある風景"が切り取られてきたのです。
彼のアートワークによるアルバムジャケットからは、
視覚的にジャズが聴こえてくる気がしませんか?







ところで、デヴィッド・ストーン・マーチンといえば、
以前、『NUDE RESTAURANT』にDJ出演した際の自己紹介で
「ソウル・グラフィック界のデヴィッド・ストーン・マーチンです!」
と、ジャズ喫茶JamJamに因んで、この日の為に用意した掴みのMCは、
デヴィッド・ストーン・マーチンをご存知のお客さんがいなかったのか、
はたまた、偉大なる巨匠の名前を使った僕の身の程知らず具合に対する
静かなる異議申立だったのか、なにはともあれ見事なスベリっぷりでした。

ということで、将来僕が「ソウル・グラフィック界の巨匠」と
呼ばれる上で最も重要なフライヤー・アートワークを展開している
『NUDE RESTAURANT』は本日午後7時半スタート。
神戸・元町ジャズ喫茶JamJamでお会いしましょう。

©2012 NUDE RESTAURANT × さくらいはじめ
| 本のポップアートソウル | 11:35 | comments(4) | trackbacks(0)
コメント
こないだベンシャーン岡山にすべりこんできました!
あたしも大好きです。
david stone martinも今すぐ画像検索してみます!
| ユリ | 2012/05/27 1:01 AM |
ユリさん>
ベン・シャーン大好きコメントありがとうございます。
DSMにもきっとハマること請け合いですよ!
ところで、僕、お会いしたことあるユリさんでしょうか?
| さくらいはじめ | 2012/05/28 5:43 AM |
元アーガイルのユリでした!てへ!
| ユリ | 2012/05/28 7:12 AM |
ユリさん>
おっと、これは失礼しました。
お歌と絵が上手いユリさんでしたか!
まわりにユリさん、ユリちゃんが結構いるのものでして・・・。
懲りずにまたコメントくださいね。
| さくらいはじめ | 2012/05/28 8:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://designe-lablog.sakurahill.com/trackback/1018900
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
Yeh!Yeh!
Yeh!Yeh! (JUGEMレビュー »)
モッチェ永井
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE